大戦略誕生秘話「超シミュレーションゲーム誕生」



●タイトル

 ちょっと話はそれるが、私が大学生の頃、夢中になって読んだ本に「超マシン誕生」という、当時のデジタルイクイップメント社(最近、コンパック社に買収された)と対抗するデータゼネラル社のエンジニアが、ミニコンの新製品を開発するというノンフィクションがあった。
 当時は、私もプログラマの端くれであったため、新製品の開発に、果敢に挑戦する若きエンジニア達のドキュメンタリに思わずのめり込んだわけであるが、今回、この連載のタイトルを考えていた際に、ふと自然に思い浮かんだのがこの本のタイトルである。そのまんまなので引け目を感じないでもないが、これから書こうとしている内容に、とりあえず今思いつく範囲では、いちばんピッタリという気がしている。
 前置きはこれくらいにして、さっそく本編に入ろう。

●第1話「運命の出会い」

 1985年(昭和60年)7月9日。
 その日は朝から梅雨の合間の太陽がふりそそぎ、会社にこもって仕事をするには、きわめて精神衛生上よろしくない日であった。昼過ぎに受付から電話があって、アポイントなしにゲームソフトを持ち込んだ人が来ているとのこと。たまたま私しか対応できる者がいなかったので、内心やれやれと思いつつ、重い腰を上げた。
 行ってみると、スラリとしたかなり長身の男が立っていた。ジーパンにTシャツというラフな格好には別に驚きもしなかったが、後ろには赤ん坊を抱いた奥さんとおぼしき人もいっしょだったのには、面食らってしまった。とつぜんここで浪花節が始まったらどうしようか、という不安が心をよぎったのである。

AREA98 妙な緊張感が走る中、挨拶もそこそこに、さっそく見せてもらうことにしたが、おもむろに取り出したフロッピーディスクを見ると、なんとPC-98用ではないか! 当時、ゲームといえばPC-88に代表される8ビット機が主流であり、PC-98などの16ビット機は、仕事用と相場は決まっていた。ますますもって、気が重くなっていくのが感じられた。
 PC-9801F2の、5インチ2DDディスクドライブが独特の音色でアクセスを開始し、長めのアクセスのあと、突如としてテキストグラフィックで描かれたタイトル画面が表示された。「AREA98」?。なんじゃこりゃ、と思いつつも、テキストグラフィックを使ってしまうというのは、いかにも素人にありがちなパターンだな、と思わず苦笑した。しかし、その次の瞬間、思わず自分の目を疑った。
 登場すると思われる兵器が、通常のドットグラフィックで次々に表示され、その横には兵器名がテキストで、効果音とともに1文字ずつ表示されるという、凝った演出が始まったのである。しかも、私はちょうどそのころ「立体版遊撃王」という、戦闘機のフライトシミュレーションゲームを担当していたので、パッと見ただけで、いかにそのグラフィックのシルエットがディティールにこだわり、マニアの心を捉える描写になっているかが分かった。
 しばらく、そのオープニングに見とれていたが、ふと我に帰り、平静を装ってゲーム画面を見せてもらうことにした。めんどうを背負ったと思っていた、ついさっきまでとうって変わって、アクセスする間が待ち遠しく感じられた。ようやくアクセスが終り、ついにゲーム画面が表示された。そして今度は、オープニングのときとは比較にならない、背筋に電流が走るくらいの衝撃を受けたのである。

次回へ続く)


目次へ戻る 第2話を読む