■ 雪風の世界

侵略者、異星体ジャム。未知の敵との戦いに必要なのは、機械か? 人間か?
「雪風」と零の壮絶な戦いが、いま幕を開ける……!

南極大陸の一角に突如出現した巨大な霧状の柱。
それは、未知の異星体ジャムが地球侵略用に造った超空間通路だった。
地球防衛機構は、その通路の向こう側――
フェアリイと名づけた未知の惑星でジャムをくい止めるべくフェアリイ空軍(FAF)を設立。

ジャムを惑星フェアリイ上に閉じこめることに成功した。
しかし、それから30年以上たった現在も、人類とジャムの戦争は続いている。
その終わりが見えない戦いの最前線に、1人のパイロットがいた。
彼の名は深井零。
信じるものは愛機「雪風」のみ。
決して感情に左右されない機械のようなシルフ・ドライバー。
味方に死神と呼ばれる虚無的なパイロットと戦闘機スーパーシルフ【パーソナルネーム「雪風」】の存在が、膠着状態を維持していた戦線に微妙な波紋を投げかける。
この戦いに本当に必要なのは、機械か? それとも人間か?
かつて人類が体験したことのない熾烈な戦いが、いま始まろうとしていた。

 
 

●惑星フェアリイとは

二重太陽を持つ恒星系の惑星であるフェアリイ星。ジャムとの戦いの舞台である。荒涼とした惑星表面は、地球の見慣れた大地とは全く違う様相を見せる。

【フェアリイ基地】

人類防衛のための最前線、フェアリイ基地。特殊戦を含む多くの部隊が所属している。地上にあるのは、基地機能の一部であり大半の施設は地下に建設されている。
 

【ジャム基地と思われる遺跡】

フェアリイ星に点在するマヤ遺跡を思わせるような建築物。ジャムの基地と考えられているが、その正体・構造はまったく不明。
 

【フェアリイ空軍の戦闘機群】


FFR-31MR/Dスーパーシルフ雪風
   
FFR-31 シルフィード
   
FA-1ファーンI
   
FA-2 ファーン II

■ゲームモード

「味方を犠牲にしても帰還せよ」。「戦闘妖精雪風〜妖精の舞う空〜」では、この言葉を実現することを一つの目標としました。多彩なミッションを用意し、時には理不尽とも思える決断をしなくてはなりません。さらに、コンバットフライトシミュレータとしての面白さだけでなく、開放感のあるシューティングゲームとしても楽しめるようにと、3つのゲームモードを用意しました。

 

●MISSIONモード

ゲームのメインとなるモード。原作のストーリーの時系列に沿って、複数のミッションを順次クリアしていく。ミッション間の状況説明やエンディングの場面では、ムービーシーンも挿入されており、OVAのシーンを積極的に活用。さらに、ゲームでしか見れないオリジナルムービーも用意。また、パソコン版オリジナルとしてミッション開始前に新たなムービーシーンを導入し、出撃前の緊迫感をさらに高めている。

 

 

●EXTRAモード

アーケードゲーム的に、次々に現れる敵を片端から落としていく。このモードでの弾数は無制限となり、敵機との戦闘を思う存分楽しめるようになっている。また、MISSIONモードの進行に応じて、操作できる戦闘機も増えていく。
EXTRAモードは、複数のマップを用いた「面クリア型」のゲームで、マップの進行に伴い難易度もアップ。ミサイルによる撃墜と、機関砲による撃墜ではポイントが異なり、獲得ポイントはスコアランキングとして登録される。

 

 

●VSモード

上下二分割画面により、他のプレイヤーとの1対1の対戦が楽しめる。VSモードではマップや戦闘機などを選択することができる。これらの選択内容は、ミッションの進行に応じて増えていく。なお、対戦相手をコンピュータ操縦のAI機とすることも可能。

 

■多彩なミッション構成

本ゲームの中心となるミッションは、「空中戦」「敵地上基地攻撃」「偵察」等の様々な任務を遂行することを基本として構成。さらに原作とOVAで象徴的に描かれた「峡谷」での戦闘シーンや、「異空間」、さらにはクライマックスとなる「グレイシルフとの激戦」など、本格的なコンバットフライトシミュレータとして満足できる製品となっています。

   
空中戦
高速で特異な機動をおこなうジャム戦闘機との格闘戦。射程の違う2種類のミサイルと機関砲を駆使して、敵戦闘機を撃破する。
  峡谷での戦い
まさにOVAさながらの迫力で、グレイシルフとの遭遇戦が繰り広げられる。
  偵察
もっとも戦闘妖精雪風らしいミッションが、この偵察任務。敵味方が入り乱れる戦場上空を、定められたコースを通過することにより偵察を遂行する。

●ゲーム性の異なるニ種類の難易度

ミッションの難易度には「EASY」と「HARD」の二種類を用意。「HARD」では出現する敵機も二倍以上と、全く異なるゲーム性でプレイヤーを飽きさせない展開が待ち受けています。

■リプレイモードを堪能できる多彩なカメラ視点

戦闘の様子をフライト後に再現するリプレイ機能では、ミサイル後方からの視点や、機体の回りを自由に巡らせる、多彩な視点を用意しました。また、バーチャルコクピット視点により、マウス操作でコクピット内を自由に見渡せる機能も導入しています。OVA用の3Dモデルデータをベースに制作されたスーパーシルフ、FAF戦闘機の勇姿を様々な視点で存分にお楽しみいただけます。

【主なカメラ視点】


ROUND VIEW
プレイヤーの好みの角度から雪風を見ることができる視点
 
SATELLITE VIEW
「ROUND VIEW」と同じ機能を持ち、角度が自動で変化する視点
 
LINK VIEW
雪風と任意の敵機を常に画面内に捉えて表示する視点
 

MISSILE VIEW
雪風が発射したミサイルを追尾する視点
 
PAN VIEW
向かってくる雪風を捉えてそのまま追尾する視点
   

【バーチャルコクピット視点】


左後
 
左前
 
前方
 
右前
 
右後