浅井家

SDキャラクター

北近江、浅井家家臣。
非常に有能な武将で、なにかに捕らわれることを好まない。
真面目な人物だが、そう思われないことが多い。
自分の才覚を十全に発揮させてくれる人物を渇望している。

【デザイナー:形見心太】 【演者:成P未亜】

史実紹介

 戦国時代から江戸時代前期にかけての武将。伊勢津藩の藩祖。
 浅井家の家臣だったがその後は豊臣秀吉や徳川家康など、主家を転々とした。築城の名手であり、宇和島城、今治城、津城などの築城に携わった。身長6尺3寸(約190cm)の大男だったと言われている。
 『武士たるもの七度主君を変えねば武士とは言えぬ』という高虎が残した言葉通り、何人も主君を変えたことから、変節漢あるいは走狗といわれ、否定的に描かれる傾向がある。
 しかし、戦国時代の日本の家臣たちは、自分の働きに見合った恩賞を保証してくれる、将来性のある主君を自ら選ぶのが当たり前だったため、何度も主君を変えるのは不忠でも卑しい事でもなかったという認識も広がりつつある。

地図に戻る