大戦略VIII DX
システムソフト・アルファーへ戻る

製品概要

無限のドラマは、新たなるステージへ

 ナンバー大戦略シリーズの最新作「大戦略VIII」の発売から2年。皆様からお寄せ頂いた貴重なご意見を元に、フル3Dの大戦略VIIIは新たなステージ「DX」へと進みます。

快適なゲームプレイ

 描画エンジンの改良により、ゲーム全体が高速かつスムーズに動作する様になりました。
 また、ゲーム操作部分では、コマンド(命令)入力部分を画面左下に固定ではなく、選択した部隊の隣に表示される様に改良し、直感的でマウス移動の少ない選択指示が可能になりました。
 情報などの表示部分では、表示する内容、表記などを整理し、必要な情報をより把握しやすいように改良しました。
 その他にも多岐に渡る改良を施し、「大戦略VIII」に比べあらゆる面で快適にゲームをプレイできるようになっています。


【大戦略VIIIゲーム画面】


大戦略VIII DXゲーム画面】

2D視点でプレイが可能

 皆様の熱いご要望により、従来の大戦略シリーズでおなじみの2D視点でのゲームプレイが可能になりました。また、2D視点でのプレイ中には、これまでのシリーズにない「大戦略VIII」ならではの新しい機能サイドカメラを搭載しました。

シングルカメラモード

 これまでHQマップが表示されていた部分を3D表示に切り替えるモードです。全体を把握しながら、特定の部隊の周囲を臨場感溢れる3Dで監視する事が出来ます。

マルチカメラモード

 これまで情報パネルが表示されていた部分を3つの3D表示に切り替えるモードです。3台のカメラそれぞれに、対象となる部隊や地形を設定する事ができます。さらに、カメラには複数の動作パターンの中から、任意のものを設定できます。動作パターンには定点で周囲を監視するもの、指定部隊を後方から追跡するものなど、様々なものがあります。


兵器、マップデータの追加

新たな兵器国

 兵器国にイタリア、インド、スウェーデン、韓国の4カ国を追加しました。既存の日本、アメリカ、ロシア、ドイツ、イギリス、フランス、中国、イスラエルと合わせて全部で12カ国の兵器国でプレイすることが可能になりました。

イタリア、インド、スウェーデン、韓国の国旗

新たな兵器

 イタリア、インド、スウェーデン、韓国の兵器を中心に、100体以上の3D兵器モデルと兵器データを追加しました。これにより総数390体の兵器が登場します。


【Mig-29】


【Strv_122】


【コンテ】

新たなマップ

 新たなマップを15枚追加しました。従来通りの正方形のマップではなく、横長のものや起伏に富んだものなどさまざまな戦場をお楽しみ下さい。






オリジナル兵器国の作成

 ゲームに登場するすべての兵器を用いて、オリジナルの生産タイプを4種類まで作成する事が出来ます。日本とアメリカの兵器を混合して登録した日米混合軍や、ドイツやフランスといったEU諸国の兵器を混合して登録したEU連合軍など、兵器を自由に組み合わせて作成する事が出来ます。

マイ部隊の登録

 マップをクリアした際に、生き残っている部隊をマイ部隊として登録する事が出来ます。登録したマイ部隊は、別のマップをプレイする際に任意のタイミングで配置する事が出来ます。配置の際には通常の兵器と同じ様に資金を消費しますが、それまでの経験値を引き継いでいるので通常の兵器に比べ優位にゲームを進める事が出来ます。


【マップクリア】


【生存部隊を登録】


【新たな戦場へ!】

コンピュータ思考の強化

 味方部隊の護衛や各種思考の最適化など、さまざまな強化を行っています。

ゲーム演出の強化

 昼夜表現や墜落パターン、海岸線といった演出を随所で強化しました。また地形の凹凸や建物などのデザインを刷新し、より臨場感溢れる戦場を演出しています。

環境設定の強化

 ゲームの進行速度や3D地形の表示距離などさまざまな設定が追加され、変更できるようになりました。プレイスタイルやパソコンスペックにあわせた設定が可能になり、これまで以上に快適にゲームをプレイすることが出来ます。