【主力戦車】
天馬号IV

北朝鮮で開発されたT-62の独自改修型である。
北朝鮮はT-62を1970年代にソ連から入手し、1980年代には国内での生産を開始、天馬号 と呼んで合計1,000両以上を配備したと見られる。しかしT-62は1960年代の戦車である ために韓国軍の戦車に対抗するには性能が不足しており、後に各種の改修が施された。
天馬号UはT-62の弱点とされていた遠距離での射撃精度を高めるためにレーザー測距儀 を搭載しており、天馬号Vでは後に入手したT-62Mを参考に増加装甲が施されたと言われ る。天馬号Wでは砲塔の外形が大きく変わり、角ばった砲塔の後部にはリアクティブ・ アーマーが装着されている。またこれらの車体ではエンジンの改修も行われているとも 言われるが、詳細は不明である。

武装 115mm滑腔砲
14.5mm機関銃(対地/対空)
7.62mm機関銃(対地・同軸)
(データは推測値)