【A攻撃機】
A-10C サンダーボルトU

地上攻撃任務に最適化した攻撃機A-10の最新の改良型がA-10Cである。
A-10は湾岸戦争に投入され、AH-64などの攻撃ヘリコプターが稼働率の低さに悩んだ事と 対照的に高い稼働率を維持し活躍したため、機体の運用寿命の延長と近代化を行う事と なった。
A-10Cは外形面での変化はほとんど無いが、コクピットや各種コンピュータは一新され、 JDAMなど新たな兵装の運用が可能となっている。またデータリンク装置を搭載する事で より効果的に活動する事が期待されている。
A-10Cの最初の機体は2005年1月に初飛行を行った。
アメリカ空軍は今後保有する全ての機体を改修し、2028年度まで運用する予定だ。

全長 16.16m
全幅 17.42m
全高 4.42m
武装 各種爆弾など最大6.5t
30mmガトリング砲GAU-8/A