システムソフト・アルファー株式会社

ゲームの流れ

本作は、「ドイツ」「大日本帝国」「米国(連合軍)」「ソ連」のいずれかの立場となり、シナリオを進めていく。
シナリオを開始すると、インターミッションという出撃前の準備画面に移行します。ここで各種準備を整えた後、戦場マップへ出撃することになる。
この戦場マップをプレイしていくことで、140枚以上にも及ぶマップで構成された大東亜興亡史のシナリオは進行する。

スクリーンショット スクリーンショット スクリーンショット スクリーンショット スクリーンショット スクリーンショット

SLGの戦場は、六角形のマス「ヘックス」によって構成され戦場マップと呼ばれています。この戦場マップは、「フェイズ」と呼ばれる工程をこなすことで進行する。

【フェイズの種類】
収入フェイズ収入が軍資金に追加される。
補給フェイズ部隊の燃料・弾薬を補給。
補充フェイズ部隊の編制機数・耐久度を回復。
行動フェイズ部隊に攻撃や占領などの指示を与える。
生産フェイズ部隊を生産。

自陣営がすべての収入~生産フェイズを終えた後、次の陣営が収入~生産フェイズを行います。すべての陣営がフェイズを終えると、1ターンが経過する。
戦場マップは、このターンを勝敗結果が決まるまで繰り返す。

多分岐するマルチシナリオ

本作のシナリオは、戦場マップの勝敗結果に応じて様々な分岐が発生します。
多分岐するシナリオは、史実どおりの世界だけではなく、史実とは異なるIfの世界に繋がることがあります。

史実を忠実に再現する楽しみ方、史実では見ることのできなかったIfの世界へ足を踏み入れる楽しみ方と、様々な角度でシナリオを楽しむことができる。

また、本製品に収録している代表的なシナリオを以下にご紹介。

アメリカ陣営シナリオ ドイツ陣営シナリオ ソ連陣営シナリオ
  • ミッドウェー海戦
  • マリアナ沖海戦
  • カートホイール作戦
  • サイパン島の戦い
  • 硫黄島決戦
  • オーバーロード作戦
  • マーケットガーデン
  • ガダルカナル島奪回作戦
  • ・・・など30枚以上
  • ポーランド侵攻
  • ノルマンディー上陸作戦
  • フランス侵攻
  • バトル・オブ・ブリテン
  • タイフーン作戦
  • ヴィレルボカージュの戦い
  • スターリングラード攻防戦
  • ヤッシー=キシニョフ攻勢
  • ・・・など40枚以上
  • モスクワ防衛戦
  • ウラヌス作戦
  • プロホロフカ大戦車戦
  • バグラチオン作戦
  • ・・・など全14枚

インターミッションによる研究開発

本作では、戦場マップが始まる前にインターミッションが発生します。
インターミッションの重要な役割として、戦場マップに投入する部隊編制や、戦場マップ上で生産可能な兵器リストの編集などがあります。
さらに、本作では資金を軍機能に投資することで研究開発を進める「投資」コマンドを実装。

編 制マップ中に使用する部隊を編制。
ラインマップ中で生産可能な兵器リストを編集。
地 図ストーリーの進行度を地図上で確認。
投 資資金を投資し、戦場を有利に戦える機能を追加。

1つの兵器を運用し続けると、新兵器が開発されます。また、鹵獲した兵器を解析すれば、新兵器の開発スピードをより早めることができる。



戦場マップで獲得した資金を投資することで、研究や開発を行い戦場を有利に戦える機能を追加することができる。