システムソフト・アルファー株式会社
製品情報

システム

  • ゲーム説明
  • 豊富な収録兵器、迫力の3D戦闘
  • 高度な作戦「隊編成」
  • 豊富なシナリオ

ゲーム説明

「太平洋の嵐~皇国の興廃ここにあり、1942戦艦大和反攻の號砲~」は、日本とアメリカを中心とした連合国が戦いを繰り広げた「太平洋戦争」をモチーフに、当時の戦況を複数のシナリオで再現した戦略ウォーシミュレーションゲームです。このゲームには、1941年~1945年に開発された未完成兵器を含む400種類を超える兵器が登場します。

プレイヤーは、日本陣営とアメリカ陣営どちらでプレイするかシナリオを選びます。そして、舞台となるマップ上の自陣営の根拠地や部隊に【編成】【進軍】【開発】【生産】【育成】【配置】【輸送】などの指示をおこないながら、敵陣営の根拠地を占領していきます。

最終的に、作戦終了日までにマップ上の敵陣営の根拠地を多数占領するか、首都などの重要根拠地を占領し敵陣営を降伏させると、そのシナリオをクリアしたことになります。 逆に、自陣営の重要根拠地が敵陣営に占領されるか、プレイヤーが降伏を宣言すると敗北してしまい、ゲームオーバーとなります。

豊富な収録兵器、迫力の3D戦闘

太平洋戦争中に実際に使用された代表的兵器を網羅!史実では終戦により間に合わなかった開発途上兵器も登場し、約400種類を超える兵器が画面狭しと暴れまわります。また、各兵器は可能な限り忠実に再現!リアルな3Dモデルは兵器マニアにも納得して頂けます。 さらに戦闘中に表示される地形・建造物・兵器などすべてを3D化することにより、大迫力の戦闘を表現しています。

  • 戦艦:大和

  • 戦艦:アイオワ

  • 空母:赤城

  • 空母:蒼龍

  • 空母:エセックス

  • 潜水艦:イ-400

  • 潜水艦:ガトー

  • 艦上戦闘機:F4U-4 コルセア

  • 重爆撃機:B-29 スーパーフォートレス

  • 重戦闘機:P-38

  • 重爆撃機:ランカスター

  • 戦闘機:スピットファイア Mk.5

  • 戦闘機:震電

  • 戦闘機:飛燕

  • 九七式中戦車:チハ

  • 中戦車:M4シャーマン

戦闘は使用する戦闘機・艦船やプレイヤーの戦闘中の操作により様々に変化! 各兵器の動きは、当時の戦闘を徹底的に調査する事でリアルな挙動を再現しており、多彩な戦闘パターンを楽しむ事ができます。

高度な作戦「隊編成」

強化された戦術性『隊編成システム』!

艦隊内での艦船の隊配置(戦隊・支援隊など)により戦闘力・防御力が変化! 戦闘能力に合わせて隊ごとで様々な作戦を取ることができ、プレイヤーの命令次第では劣勢な戦局を打開することもできます。

しかも操作は、命令自体を簡単なコマンド選択で行うことができ、プレイヤーは気軽に戦闘を楽しむ事ができます。

豊富なシナリオ

太平洋を中心にソビエトの首都モスクワからアメリカ東海岸のワシントンDCまでの広大な戦域を舞台に、イギリス・オーストラリア・オランダ・中国・ソビエトと同盟を組んで敵軍に挑むシナリオ、敵対し世界の覇権を奪い合うシナリオ、「硫黄島の戦い」といった史実にあった戦いを忠実に再現したシナリオ、史実にはない戦争の「IF」(もしも)を描いたシナリオなど、バリエーションにとんだ様々なシチュエーションをご用意しております。

  • 収録シナリオ一覧 概要を見る【日本軍シナリオ:グランドキャンペーン】(史実戦) 概要を見る【日本軍シナリオ:ボックスフォーメーション】(史実戦) 概要を見る【日本軍シナリオ:絶対国防圏】(史実戦) 概要を見る【日本軍シナリオ:猛虎奮迅】(史実戦) 概要を見る【日本軍シナリオ:幻想の大東亜共栄圏】(史実戦) 概要を見る【日本軍シナリオ:大和、沖縄ヘ出撃ス】(史実戦) 概要を見る【日本軍シナリオ:グローバルキャンペーン】(史実戦) 概要を見る【日本軍シナリオ:バーチャルキャンペーン】(仮想戦) 概要を見る【日本軍シナリオ:アメリカ攻略戦】(仮想戦) 概要を見る【日本軍シナリオ:満州ニ油田アリ】(仮想戦) 概要を見る【日本軍シナリオ:帝都防空戦】(仮想戦) 概要を見る【日本軍シナリオ:北方侵攻作戦】(仮想戦) 概要を見る【日本軍シナリオ:成層圏1946】(仮想戦) 概要を見る【日本軍シナリオ:帝国崩壊点】(仮想戦) 概要を見る【日本軍シナリオ:日中事変(仮想戦)】 概要を見る【日本軍シナリオ:大亜細亜戦争】(仮想戦) 概要を見る【日本軍シナリオ:ソロモン諸島の戦い】(史実戦) 概要を見る【アメリカ軍シナリオ:グローバルキャンペーン】(史実戦) 概要を見る【アメリカ軍シナリオ:バーチャルキャンペーン】(仮想戦) 概要を見る【アメリカ軍シナリオ:米ソ対決】(仮想戦) 概要を見る【アメリカ軍シナリオ:硫黄島の戦い】(史実戦) 概要を見る【アメリカ軍シナリオ:太平洋奪還作戦】(仮想戦) 概要を見る【アメリカ軍シナリオ:満州争奪戦】(仮想戦) 概要を見る【アメリカ軍シナリオ:ダウンフォール作戦】(仮想戦)

【日本軍シナリオ:グランドキャンペーン】(史実戦)
太平洋戦争の開始から終結までを描く一大叙事詩とも言えるシナリオです。
短期決戦か?長期持久戦か?戦略により勝敗が左右する。

【日本軍シナリオ:ボックスフォーメーション】(史実戦)
1942年、太平洋戦争における日本アメリカのターニングポイントとなった、ミッドウェー海戦を扱ったシナリオ
史実と同じく大敗北を喫するのか、それとも奇跡は起こるのか。太平洋戦争の中でも大きな海戦で歴史を覆せるか

【日本軍シナリオ:絶対国防圏】(史実戦)
ソロモンでの消耗戦後、転進した日本軍は、不敗の体勢をとるため、サイパングアムパラオを結ぶ防衛線を絶対防共圏とした。この地域を失うことは、アメリカの爆撃機B-29の爆撃範囲に日本が入ることを意味した。
米機動部隊を迎撃作戦「あ号作戦」を発令。大規模な増援を決定した。対するアメリカも緒戦で敗北したフィリピンを奪還する絶好の位置である同地域を手に入れるため、大量の空母を完成させ、新型VT信管で対空命中力を上げた艦隊と上陸部隊を出撃させた。 日本は無事同海域を守れるか

【日本軍シナリオ:猛虎奮迅】(史実戦)
1941年12月、真珠湾攻撃が行われる頃、裏ではもう一つの宣戦布告ともいえるイギリス領マレーに日本軍が上陸。
交戦の末、コタバルを占領。一路イギリス軍の拠点があるシンガポール目指して南進する。

【日本軍シナリオ:幻想の大東亜共栄圏】(史実戦)
真珠湾奇襲後、ボルネオ島など南方の資源地帯の確保に成功
破竹の勢いの日本軍の次なる目標は?敵機動部隊を蹴散らし、アジアに大東亜の世界を築け

【日本軍シナリオ:大和、沖縄ヘ出撃ス】(史実戦)
昭和20年、マリアナ、フィリピン、硫黄島と日本軍は絶対防衛圏として定めた防衛ラインを失った
そして遂に4月、米国軍が沖縄まで押し寄せてきた。日本軍は希望を戦艦大和率いる挺身隊に託し、沖縄へ向かわせた。

【日本軍シナリオ:グローバルキャンペーン】(史実戦)
アメリカからの石油輸入に依存していた日本は、アメリカからの石油禁輸措置をうけ対アメリカ戦を決意
1941年12月、日本から出撃した南雲艦隊による真珠湾攻撃が行われ、同時に南方資源を手に入れるべくイギリス領マレーへ上陸、ここに太平洋戦争の口火が切られた。
太平洋戦争の開戦から終戦まで通し、歴史を覆すことができるのか。

【日本軍シナリオ:バーチャルキャンペーン】(仮想戦)
もし日本が太平洋戦争の開戦前に圧倒的な軍事力を有していたら、歴史は変わったのか。
ドイツからの技術供与などにより他国より先進技術を手に入れた日本の秘密兵器が冒頭から登場し、圧倒的有利な状態で戦いを進めることができる。

【日本軍シナリオ:アメリカ攻略戦】(仮想戦)
真珠湾奇襲後、破竹の勢いで進撃する日本は、太平洋艦隊の総司令部ハワイを攻略
次なる目標をアメリカ本土とした。果たして大国アメリカを攻略できるのか。

【日本軍シナリオ:満州ニ油田アリ】(仮想戦)
海外に資源を依存している日本は特に燃料である石油をアメリカに頼っていた。国内でも人造石油の研究をすすめているなか、満州の調査団によりついに油田を発見
石油を手に入れた日本に対して、危機感を覚えたアメリカとソ連が密約を交わし、ソ連も対日戦を決意
大国に睨まれた日本は資源を手に入れられるのか。

【日本軍シナリオ:帝都防空戦】(仮想戦)
マリアナ沖海戦で多くのパイロットを失い、レイテ海戦でも敗北。ついに日本までアメリカの勢力が及んでいた
本土防空戦を史実ではこの期間に沖縄戦があった。来襲する大規模な米機動部隊から沖縄を守り切れるか!

【日本軍シナリオ:北方侵攻作戦】(仮想戦)
日本陸軍とソ連軍はお互いの定める国境を巡るノモンハン紛争をおこした。ドイツ戦を教訓としたソ連軍は満州を占領した。
欧州ではドイツ国境に迫る勢い。対ソ戦に突入した日本に対し、米英は黙認の態度を取った。

【日本軍シナリオ:成層圏1946】(仮想戦)
1941年12月8日の真珠湾攻撃に於いて米空母を撃沈した日本軍は空母機動部隊を主力とし、勝利を重ねた
1943年、オーストラリアまで及ぶ日本の支配圏はアメリカの新型空母エセックス級をもってしても完全には押し返せず、米軍の反攻作戦は大幅に遅れた。
そのためアメリカの比島侵攻作戦も中止となった。日本軍はマリアナに配備されたB-36の猛爆撃をくぐり抜け硫黄島奪回を目指す!

【日本軍シナリオ:帝国崩壊点】(仮想戦)
開戦以来、順調に作戦を進めた日本軍は、はるか豪州まで侵攻。しかし、欧州においてドイツが単独講和したため、連合軍の全兵力が太平洋に集中
大規模な反攻作戦が開始されようとしていた。

【日本軍シナリオ:日中事変(仮想戦)】
1937年、1発の銃声音から始まった中国軍と日本軍の国境を巡る戦いは次第に泥沼化していった。
対日戦を想定して中国はイギリスなどに支援を要請するも先の大戦により常任理事国となった日本との関係上、参加を断っていた
1941年12月、中国国内の政治不安を察知した日本は正式に中国軍に対し宣戦布告。侵攻を開始した。

【日本軍シナリオ:大亜細亜戦争】(仮想戦)
1940年、日本軍はドイツと政策の違いから同盟を結んでいなかった。その頃、アメリカを含む連合軍は欧州方面の戦闘で部隊の大部分を失ってしまう
このことからアメリカは太平洋上における日本軍との不可侵条約を締結させることにした。
欧州に連合軍の戦力が集中していることから日本軍は亜細亜の解放を掲げ、南方方面へ進軍を開始。

【日本軍シナリオ:ソロモン諸島の戦い】(史実戦)
大東亜戦争の戦端となった「南方作戦」で押さえた豊富な資源を元手に、日本海軍はオーストラリアとアメリカの交通網を遮断してオーストラリアを孤立すること計画。
その足がかりとしてカダルカナル島の占領と航空基地の設営を海軍司令部は進めたのだが、ミッドウェー海戦の大敗北によって状況が一変する。
予想外のアメリカの早期反攻に日本軍としての対応が迫られる。

【アメリカ軍シナリオ:グローバルキャンペーン】(史実戦)
1941年12月に日本はアメリカによる石油禁輸措置に反発して、真珠湾を攻撃
太平洋戦争の幕が開いた。アメリカ軍を太平洋戦争を開戦から終戦にかけて戦い、史実通りの勝利を手にすることができるか

【アメリカ軍シナリオ:バーチャルキャンペーン】(仮想戦)
イギリスとの技術交換を経て大きく技術躍進した超軍事大国アメリカが、アジアの利権を求めて対日戦略を開始
1941年12月、最新鋭兵器を持ったアメリカがアジアの利権を求め、対中国戦に邁進する日本を石油の禁輸措置などで戦場へと引き込んだ
思惑通り日本はアメリカに宣戦布告した。

【アメリカ軍シナリオ:米ソ対決】(仮想戦)
太平洋戦争の末期、ソ連軍は不可侵条約を破棄。満州へ侵攻する。
戦後日本の分割統治を巡り米ソ間で衝突が起きる。日本本土をアメリカとソ連で二分する戦いが幕を開ける。

【アメリカ軍シナリオ:硫黄島の戦い】(史実戦)
大量の空母や新型爆撃機の活躍などにより、日本はその勢力圏を失っていた。圧倒的な戦力を有するアメリカ軍は遂にサイパン島を奪取した。
対する日本軍は日本本土へB-29が護衛付きで爆撃するために硫黄島を取ると予想要塞化を推し進めていた。
防備の固い同島を果たして手に入れられるか。

【アメリカ軍シナリオ:太平洋奪還作戦】(仮想戦)
1941年12月、連戦連勝の日本軍にアメリカはハワイを失するまでに至っていた
ハワイに前進基地を築いた日本軍は、いよいよアメリカ本土の攻略を決定。アメリカもまさに本土に迫る勢いの日本軍を迎え撃つべく機動艦隊を向かわせる。

【アメリカ軍シナリオ:満州争奪戦】(仮想戦)
石油資源の乏しい日本では、海軍と陸軍のそれぞれで人造石油の研究が進められていた。また満州に調査部隊を派遣し、ついに油田を発見した。これにより国境を隣とするソ連とアジアにおける日本の勢力拡大を危惧したアメリカの利害関係が一致
極東を制する為には、満州の油田と製油施設獲得が急務であると考え、ソ連とアメリカが満州に向けて部隊を出撃させた。

【アメリカ軍シナリオ:ダウンフォール作戦】(仮想戦)
度重なる敗戦にも関わらず徹底抗戦を続ける日本軍に対し、アメリカ連合軍は日本本土上陸こそが早期に無条件降伏させる唯一の手段であると結論した。
そこで、制空権と制海権を確保する「オリンピック作戦」の後、日本本土へ侵攻して重要地域を制圧する「コロネット作戦」の二段階からなる「ダウンフォール作戦」を計画
先のノルマンディー上陸作戦をはるかに凌ぐ規模の作戦が、今まさに実行されようとしていた。


当ホームページに記載しております文章・グラフィック等、すべての著作物の一切の無断使用・無断転載を禁止させていただきます。
©2016 SystemSoft Alpha Corporation