第2回マップコンテスト

 たいへん盛況のうちに終わることができました第1回マップコンテストに引き続きまして、第2回マップコンテストを開催いたします。奮っての参加をお待ちしております。

■マップコンテスト審査結果発表

 お待たせいたしました。最終審査の結果を発表いたします。今回は、応募数が少なかったことと、実在地形マップ部門と架空地形マップ部門の上位入賞作品は、会員投票および内容においても大きな差がないという判断から、最終結果も以下のように会員投票の順位通りとさせていただくことにいたしました。優秀賞は、各1位の作品とします。残り3部門につきましては、今回は入賞のみとさせていただきます。
 また、総合表彰の、金賞(最優秀賞)、銀賞、銅賞につきましては、たいへん悩みましたが、今回は該当なしとさせていただきました。なお、審査員特別賞に替わるものといたしまして、敢闘賞を2作品に贈ることにいたしました。会員投票では上位に入れませんでしたが、今後に期待できる作品ということで表彰いたします。

実在地形マップ部門

●優秀賞

1位:南米大戦

●入賞

2位:西湖ー河口湖

3位:WWIIヨーロッパ大戦・1940

4位:トルコ救援作戦

架空地形マップ部門

●優秀賞

1位:南方戦線

●入賞

2位:アクレム諸島海戦

3位:Delta Island`s Battle(DSP版)

4位:会談決裂、その後

ビジュアル系マップ部門

●入賞

バイク争奪戦

キャンペーンモード部門

●入賞

バーゼル・ハインツ奪還
キプロス紛争(CM01)
勝利の条件

シナリオ部門

●入賞

Delta Island`s Battle(現代2003版)
白の場合作戦(ポーランド電撃戦)

●敢闘賞

自由への奔流
西瀬戸・改

●総評

 前回の反省を生かして少し長めの募集期間にしたつもりだったのですが、やはり時間が足りないというご意見もいただきました。そういう意味では、応募数もさることながら、作り込みが足りない作品が多かったというのが正直な感想です。
 まず、第一印象として重要な見栄えについては、やはり思わずやってみたくなるような見栄えにする必要があります。見かけより中味で勝負という考え方もあるとは思いますが、こういうコンテストでは、中味と見栄えの両方がないと、上位には入れません。実質的には同じだから、ということでベタで1つの地形を並べるのではなくて、少しでも見た目の変化を付けることも重要です。
 次に、ゲームバランス的には、特に建物の配置の間隔が重要です。燃料消費や到達可能距離などのことを考えたうえで、試行錯誤を繰り返すと、だんだんとバランスの良いマップに仕上がっていきます。
 キャンペーンモード部門とシナリオ部門は、どの作品も時間が足りなかったように見受けられます。初めての部門ということもあって、今回はやむをえないのかもしれません。次回に期待したいと思います。
 さて、今後もコンテストを開催する予定ですが、告知があってから始めたのでは時間が足りないということになりがちです。今からでも次回の準備を始めていただくことをお勧めします。
 それでは、また近いうちに。

●景品の贈呈

 各入賞者の方には、記念となる記念カップを贈呈いたします。後日、個別にメールにてご連絡いたします。

■第2回マップコンテスト募集要綱

●応募資格
 「大戦略パーフェクト1.0」もしくは「現代大戦略2003」をご購入後、「大戦略ファンクラブ」に入会された方
●マップの募集期間
 平成16年1月5日(月)午前10時〜平成16年2月2日(月)午前10時まで
●マップの公開
 平成16年1月13日(火)午前10時より、応募マップの公開を行ないます。掲載順による不公平をなくすために、募集開始から公開当日までに応募いただいたマップは、抽選により掲載順を決めさせていただきます。
 公開開始日以降にご応募いただいたマップは、ご応募順に掲載していきます。
●マップの会員投票
 平成16年2月3日(火)午前10時〜平成16年2月16日(月)午前10時まで、ファンクラブ会員による投票の受け付けを行ないます。各部門毎に一票ずつを投票できます。
 もちろん自薦も可です。投票の集計結果を、18日(水)に発表します。
●マップの審査
 会員投票の結果を踏まえて、最終審査を弊社にて行ないます。投票数の状況にもよりますが、少差の場合のマップについては、会員投票による順位が変わる可能性があります。最終的に、次項の各賞を選定します。
 審査結果は、2月27日(金)までに発表いたします。
●部門
 以下の5部門に分けて募集します。各部門毎に優秀賞を1作品、入賞を2作品、3作品ずつ選出します。5部門ですから総計15作品が選出されます。この15作品の中から、金賞(最優秀賞)、銀賞、銅賞を1作品ずつ選定します。また、入賞を逃した作品の中から、審査員特別賞を選定することもあります。
(1)実在地形マップ部門
(2)架空地形マップ部門
(3)ビジュアル系マップ部門(見た目の面白さも加味する部門)
(4)キャンペーンモード部門(☆新設)
(5)シナリオ部門(☆新設・シナリオの面白さを優先する部門)
●表彰と次回製品への収録
 入賞作の作者には第1回と同様に、記念となるトロフィーのような景品をお贈りします。また、次回製品(「大戦略パーフェクト2.0」または「現代大戦略2004」)に、入賞作品すべてを希望する作者名をそえて収録いたします。
●著作権と独占的使用権・改変権について
 マップの応募にあたり、以下についてご了解をいただける方のみ、ご応募ができます。
 著作権は作者に帰属しますが、弊社の製品やホームページ、その他の販促活動において、独占的かつ無償にて使用することをご了解いただきます。また、製品の仕様の変更等により、マップのバランスを調整するために、マップを改変することについても、ご了解いただきます。

■Q&A(第1回のものを転載)

Q:すでに、自作マップコーナーに投稿したマップや、前回のマップコンテストに応募したマップでも応募できますか?
A:できます。 ただし、前回、入賞した作品については、ご遠慮ください。
Q:自作マップのときには、過去の製品のマップをアレンジした作品もありましたが、コンテストでもアレンジ作品は応募できますか?
A:弊社の製品に収録されていたマップを、アレンジして応募することは問題ありません。ただし、最終的な審査の段階では、オリジナル性も評価の対象となりますので、少し不利になる可能性があります。
Q:メールが使えないのですが
A:FDやCD-Rに書き込んで下記あてに郵送でお送りいただいても構いません。ただし平成16年1月30日(金)までに必着とさせていただきます。また必要事項については、テキスト形式のファイルにして、FDまたはCD-Rに書き込んでください。手書きやプリントアウトしたものでは不可です。
〒810-0001 福岡市中央区天神3-10-30-5F システムソフト・アルファー株式会社 マップコンテスト係
Q:今回もダウンロード回数は表示するのですか?
A:先入観を与えてしまって正しい評価にならない危険性がありますので、投票終了までダウンロード回数は表示しません。
Q:オリジナル生産タイプ付きのマップでも応募できますか?
A:応募できます。マップデータファイルと、オリジナル生産タイプのファイルを、いっしょに圧縮してお送りください。
Q:複数のマップを連作として1つのマップとして応募できるのでしょうか?
A:たいへん恐縮ですが、今回は連作を1つという扱いはいたしません。マップ1枚ずつでのご応募をお願いします。
Q:1つのMAPを複数の部門に応募することは可能でしょうか?
A:不可というわけではありませんが、できるだけご遠慮いただきますよう、お願いいたします。
Q:独占的使用権とありますが、以下の場合には、それに抵触するのでしょうか?
  1.マップ制作者(著作権所有者)が自己のWebサイトにて応募作品を無料公開した場合。
  2.マップ制作者が応募作品を同人即売会にて、CD-R等の媒体で添付収録し、有料または無料で頒布した場合。
  3.マップ制作者がネット上等で特定個人に無料譲渡した場合。
A:いずれもマップ制作者が主体となって行なうのであれば、問題はありません。第三者に委託して行なうときには、ケース・バイ・ケースとなりますので、その都度お問い合わせください。なお、弊社としましては、弊社の販促活動に支障が発生しないように、念のためにということで表記させていただいているわけですので、制作者の方の個人的活動に制限を加えるものではありません。
Q:応募して、すでに公開されているマップについて、一部を変更、もしくは全てを入れ替えるようなことはできますか?
A:基本的には可能です。ただし、すでにダウンロードしてプレイをしている人に対して、その変更について弊社から告知をすることはできません。いちおうマップのコメント欄に記載することはできますので、変更箇所についてのコメントを、マップを送る際に付加してください。また、掲示板に、その旨を書き込むのは構いません。

back