「天下統一 ADVANCEプレイ指南〜初級編〜

 皆様、こんにちは。
 このコーナーは、いざ「天下統一 ADVANCE(以下「ADVANCE」を買ってはみたものの、いまひとつ攻略法が分からないと、お感じの皆様のためのページです。
 「ADVANCE」の魅力に迫りながら、できるだけ詳しくご案内したいと思います。
 よろしくお願いします。

 「ADVANCE」をプレイする際には、いくつかのポイントがあります。
 そのポイントとは・・・

・・・以上が、プレイするうえでの主なポイントです。

 さていよいよゲームを起動し、オープニングが終わると最初に出てくるのは、ゲームモードの選択画面ですね。
 ここでは”NEW GAME”でプレイすることを前提としてご案内したいと思います。
 「ADVANCE」では、お客様が選ぶことのできる大名家は、はじめて「天下統一」シリーズで遊ばれるお客様でもプレイが容易な大名家から、ベテランでもクリアが困難な超高難易度の大名家まで、様々な大名家が日本全国に60家散らばっています。
 戦国ゲームに慣れ親しんでいらっしゃらないお客様は、この時点で色々と迷われてしまうと思います。
 そこで、比較的クリアが容易な大名家を、その特徴と共に、ご紹介したいと思います。

ゲームモードの選択画面 大名家選択
北条家(難易度☆☆)
北条家
北条家武将情報まず、当主の北条氏康が比較的若く(37歳)、非常に有能(軍事12/内政13)な武将であるという点。
その氏康を筆頭に、最初から家臣となっている武将には、軍事と内政に優れている者が多い。
「ADVANCE」の武将能力は【1〜16】までのレベルで表現されます。もちろん数値は大きい方がより有能な武将である証明です。
「甲相駿」三国同盟また史実でも有名な「甲相駿」の三国同盟があるため、背後を衝かれる恐れが少ないことに加えて、当面の厄介な敵”武田家”と干戈を交える必要がない。
武蔵国 ゲーム開始時そして隣国には豊かな石高を誇る、武蔵国が広がっていると、いいところ尽くしなのです。
武蔵国には、鉢形、忍、岩付といった巨城が多く、一見、攻略は大変に思えます。
武蔵国 秋のターンしかし、それらの城を支配している”山内家”は巨大城を抱えているがうえに、秋の収穫期に収支が赤字になりやすく、自動的に城レベルと兵数とが低下する場合が多いので、焦る必要はありません。
じっくりと構えて武蔵国が手に入れば、あとは順調に勢力を伸ばして行けるでしょう。
このときに、北にばかり進出していると、冬や春に大雪が降って動けなくなり、貴重な時間を無駄に費やしてしまいがちになるうえ、西方向への出口を、同盟している武田家が塞いでしまうことが起こってしまいます。
充分な兵力を蓄えた後に、主力部隊は、強敵と戦うリスクはありますが、越後の上杉謙信と雌雄を決するべく戦うのも一案といえます。

「天下統一 ADVANCE製品概要ページへ戻る


トップページへ