SPECIAL MULTI PLAY LIBRARY FAQ FROM US LINK Daisenryaku Online Top

日本シミュレーション紀行(8)
「大戦略V」

 リアルタイム制だった「大戦略III」シリーズと「大戦略IV」の後に現われたのは、何と、リアルタイム制とターン制を融合させた「大戦略V」だった。
 戦場となるマップはそれまでのマップのイメージを大きく変える広さで、マップと呼ぶよりもシナリオと表現するのが似合っていたと思う。ひとつのシナリオは64エリアに分割され(8×8エリア)、それぞれのエリアが従来のマップに相当した。
 ゲームは、部隊を終結させて軍団を作りその軍団単位でエリアを攻略する「戦略フェイズ」と、敵軍団と遭遇したエリアで戦闘を行なう「戦術フェイズ」に分かれていた。戦略フェイズは参戦国の軍団が同時に移動を行なうリアルタイム方式で、戦術フェイズは従来どおりのターン方式で進行する。今だからいうが、マニアックなユーザーには戦略フェイズの評判が芳しくなかったような気もする(汗)。私的な見方をすれば、この戦略フェイズこそ大戦略を名実ともに戦略ゲームに押し上げた功労者だと思うのだが、いかがであろうか。

■SPECIFICATION
対応機種:Windows95/3.1
価格:12,800円
マップ:2シナリオ
国数:最大8か国戦
兵器:529種類
部隊:20軍団400部隊




Back