ティルナノーグPS2、ティルナノーグPSP【キャラクター】

個性的なキャラクター達

ゲームを彩る魅力的なキャラクターたちの紹介です。
プレイヤーは闇に覆われた世界を救うために、光に導かれた存在として"ティル・ナ・ノーグ"に降り立ちます。

英雄妖精(男) 英雄妖精(女)
ムービーあり ムービーあり

様々な場所で出会い、戦いを共にする仲間達

英雄妖精は最大5のパーティーを組んで冒険に出るが、共に戦ってくれる仲間として、町や山、森や迷宮といった様々な場所で120もの種族が登場し、パーティーの組み合わせは無限に存在し、ここでは各種族を系統別に紹介していきます。


王族

ダーナ・オシー

妖精・妖魔

人型

小妖精

ドラゴン

魔獣

野獣

レギュラーキャラクター

特殊キャラクター



頼もしき仲間との出会い

英雄妖精は旅の途中、様々な仲間となる種族との出会いが待っています。
彼らは英雄妖精の旅の供として仲間に加わったり、近くの町や地域で起きている事件について情報を伝え、英雄妖精の手助けをしてくれます。
しかし、彼らは最初から英雄妖精に力を貸してくれるとは限らず、中には英雄妖精の力を認めることなく、そのまま立ち去ってしまう者もいます。
そこで、英雄妖精は出会った種族との絆を深めるために、出会った種族に対して様々な行動をとります。

【加える】: 出会った種族を、旅の仲間としてパーティーに誘います。
種族によっては、英雄妖精が誘うことなく強引にパーティーに入ったり、英雄妖精の力を認めておらず、誘いを断る者が存在します。
【話 す】: 何気ない会話から、最近起きている事件の情報など、英雄妖精の冒険に役立つ情報などを教えてくれます。
【戦 う】: 経験値を得たい時、気にいらない種族と出会った時に戦いを挑みます。
戦いの後、経験値の他にも所持していたアイテムを手に入れることができますが、倒してしまった種族との繋がりは完全に無くなってしまいます。
【眼 識】: パーティー人数が最大の時、出会った種族を仲間にするべきか、眼識の魔法を使って相手の能力を調べます。
【魅 了】: 仲間の誘いに応じない種族に対し、魅了の魔法を使って相手を魅了します。
魅了された種族は、これまでの態度から一変して、英雄妖精の仲間の誘いに素直に応じてくれます。
しかし、魅了の魔法が失敗することもあり、失敗すると、相手の怒りを買ってしまい戦闘に発展してしまいます。

自在に変化・成長するパーティー

仲間達は様々な局面で、その個性を発揮します。
武器一つをとっても、その武器を効果的に扱えるかどうかは、そのキャラクターの能力次第です。戦闘中の行動もキャラクターの性格が前面に押し出され、英雄妖精とキャラクター達の関係だけでなく、キャラクター同士の関係でも行動に変化が生まれます。

こうして英雄妖精と仲間達は、戦闘での能力アップ、アイテムの入手、仲間同士の親愛度の変化などを繰り返して、様々なパーティーへと成長し、旅の終わりには絆が強まった仲間との特別なエンディングを迎えることがあります。
反感を抱かれて突然の別れを告げられるのか?
信頼関係を築き共に手を取り歩き続けるか?
全てはプレイヤー次第です。

英雄妖精の前に立ちふさがる邪悪な影

世界を救おうと旅をする英雄妖精と仲間達の前には、闇の世界から現れた魔物達が森で山で迷宮で街、あらゆる場所で襲い掛かってきます。
その数は200種族を超え、中には英雄妖精達を遥かに凌ぐ巨体で襲い掛かる、強大な力を持った魔物も存在します。

ファーヴニル トライシーカ
ギガスメーバ ガルグメイラ

ここに紹介する以外にも、まだまだ多くの魔物が立ちふさがります。

 
 
ファーヴニル

ファーヴニル

あらゆる財宝を奪い、自分のものとする強欲なドラゴン。
鉄をも容易に切り裂く爪に、全てを燃やし尽くすブレスで財宝を狙う者に襲い掛かる。

上に戻る

 
 
トライシーカ

トライシーカ

遥か昔、とある彫刻家によって創られたドラゴン、デーモン、スケルトンを模った彫刻。
その迫真の出来栄えは、いつしか魂を宿し人々を襲い始めたため、地下の奥深くに封印されている。

上に戻る

 
 
ギガスメーバ

ギガスメーバ

様々なスライムが交じり合い、巨大化したスライムの集合体。
壁や天井にへばりつき獲物を待ち受ける。その柔らかい体はほとんどの武器が通用せず、生半可な攻撃を受けてもたちどころに再生する。

上に戻る

 
 
ガルグメイラ

ガルグメイラ

虫を餌として育っていた植物だったが、成長が止まることなく、いつしか人をも喰らうまでになった食人植物。
明確な意志を持ち、近づいたものは全て餌と見なして触手のような蔓で捕食する。

上に戻る