SystemSoft Products

パッケージ画像   17歳〜My Dear Angel〜


メディア ■CD-ROM
価格 ■税込価格 9,800円(税別)

・Pentium75MHz以上のCPU搭載機種(Pentium100MHz以上推奨)
・Microsoft Windows98日本語版/Windows95日本語版が動作する環境
・4倍速以上のCD-ROMドライブ(ゲーム実行時を含む)
・640×480ドット、256色のカラー表示が可能な環境
・16MB以上の空きメモリ(24MB以上を推奨)
・60MB以上のハードディスクの空き容量
・DirectX5.0が動作可能な環境

(C)1998 SystemSoft Corporation
(C)1998 RYOU TANAKA


 本製品は、プレイヤーが身寄りのない17歳の女子高生を「あしながおじさん」として支援し、高校を無事卒業させるまでを舞台にした恋愛育成シミュレーションゲームです。

 プレイヤーである主人公はさまざまなアルバイトをおこないながら「あしながおじさん」として仕送りを続けて少女の成長を手助けします。また、一方ではフリーターの青年としても少女と接してゆき、心の支えになるよう努めます。「あしながおじさん」と「フリーターの青年」のふたつの立場で少女と接してゆくことにより、従来の恋愛ゲームにない独特なストーリーとゲームシステムが楽しめます。

 プレイヤーが少女に送る仕送りは彼女の成長に影響を与えます。また、プレイヤーが選んだアルバイトによってゲーム展開が変化します。高校卒業時の少女の能力とそれまでのゲームの進め方で少女の進路とプレイヤーとの関係が変化するマルチエンディングです。

●製品の特徴

2つのキャラクターを演じる楽しさ

文香(秋服)  主人公は、「天使様」を演じる時とフリーターである現実の自分の2つの立場で少女(文香:ふみか)と接していきます。「天使様」としての主人公は少女を影ながら支援し、毎月少女から気持ちのこもった手紙を受け取ります。
 一方、フリーターの主人公は、正体を隠しつつもアルバイト先で少女とたびたび出会うことで、次第に親しくなっていきます。主人公の立場の二面性からくる、少女との心の距離感やコミュニケーションの方法の違いにプレイヤーはもどかしさを感じながらも、恋愛ドラマのような二人の不思議な関係を楽しめます。

人気声優の朗読による文通の楽しさ

 「天使様」としてのプレイヤーが少女とコミュニケーションを取る唯一の方法は、文通です。匿名でメッセージカードを送り、少女も毎月、正体を知らないまま「天使様」に手紙を送ってきます。手紙には「天使様」への感謝の気持ちとともに彼女の近況や心情がつづられており、声優(氷上恭子さん)によりプレイヤーにやさしく語りかけられます。

多彩なイベントとマルチエンディング

サンプル  主人公のアルバイト先には少女がしばしば訪れ、多彩なイベントが発生します。選んだアルバイトによりイベントの内容が変化し、主人公は少女と言葉を交したり、困っているところを助けたりしているうちに、顔見知りになります。主人公がとる行動で親密度が変わり、少女が主人公に好意を抱くこともあります。ラストは、それまでのイベント時での主人公の対応、「天使様」としてのメッセージカードやプレゼントの内容によって少女の将来と主人公との関係が変化するマルチエンディングになります。


製品名リスト

トップページへ
(c) SystemSoft Alpha Corporation